観た映画を5段階で評価し、感想をお話してます。
アクション

映画「マイル22」評価

 

  ポスター – (C) MMXVIII STX Productions, LLC. All Rights Reserved.

2018/アメリカ 上映時間95分

監督
ピーター・バーグ

製作
ピーター・バーグ マーク・ウォールバーグ スティーブン・レビンソン

製作総指揮
スチュアート・M・ベッサー ジョン・ローガン・ピアソン グレアム・ローランド ドナルド・タン ジョナサン・グレイ マシュー・ローズ ジャド・ペイン ランドール・エメット デレク・コリソン サム・スレイター スコット・カーメル デビッド・バーノン ワン・チョンジュン ワン・チョンレイ フェリス・ビー ロバート・シモンズ アダム・フォーゲルソン

原案
グレアム・ローランド リー・カーペンター

脚本
リー・カーペンター

撮影
ジャック・ジョフレ

美術
アンドリュー・メンジース

衣装
バージニア・ジョンソン

編集
コルビー・パーカー・Jr. メリッサ・ローソン・チャン

音楽
ジェフ・ルッソ

 

映画「マイル22」の評価

それではこれより洋画「マイル22」の評価をしていきます。

「ストーリー」「映像」「キャラ」の3つに分けて評価していきますのでよろしくね。

 

ストーリーの評価

まずはストーリーから。

簡潔に言えば、小包を22マイル先の空港まで運ぶ物語。ですので話は分かりやすい。

話自体に深みはありませんが、その分ガンアクションが凝っていて非常に見応えある内容だったことは間違いないです。

本題に入るまでの導入部分もイイ。

改めて観ると(二回目)長い。長いんだけど観ている最中は長いと感じない。

これはマーク・ウォールバーグ演じるシルバのキャラが強すぎて、本題関係なしになんだか楽しくなってきちゃったんですよね。

「ほう、これからヤバイこと起きるんだな。準備期間は大事だかんな。」って感じに(本題入るまで)一緒に場を温めたくなっちゃう。

そして自分がシルバのモチベーションに追いついたところで本題GO!的な。

ここんとこ非常に巧いなって思いましたね。見返せば長いんだけどね。

ということで非常にストレスフリー。むしろ心地いいくらいの序盤。この時点で高評価つけちゃう。

とそんな巧い序盤を魅せられたあとは怒涛のガンアクション。

約4万発というおびただしい数の弾丸とともに物語はラストに向かうわけですが、ここでの疑問は奴の正体。

そうあの亡命希望のインドカー警官です。

あまりに強くてミステリアス。この男は果たしてどっち側なのか?という疑問を胸にしつつも、目の前は弾丸飛び交う戦場。

「彼の正体なんか今はどうでもいい」と思うくらい白熱した攻防戦が目の前で繰り広げられている。

非常に見ごたえあるアクションシーンでした(詳細は映像にて)。

そして激戦に終止符が打たれ一息つけると思っていたら、ここで奴の正体が明らかに。

忘れかけていたところで、種明かし。しかも若干どんでん返し風に。

思い返してみると確かにってなるような仕掛けとともに、エンドロール。

と非常に盛り上がるラストでした。

このラストシーンのおかげで、単純なストーリーの中にしっかりとした深みが。

まぁカタルシス的には逆効果かもしれませんがね。え?じゃそっちに肩入れしたくもなるよとね(笑)

でも個人的には納得。そして大満足なラスト。

ということでして点数をつけるなら10点中7点。

 

映像の評価

続いては映像。

映像に関しては、この映画の最大の魅力といっていいでしょう。

迫力の塊みたいなガンアクションシーンに瞬きなんてしてられない。

次々と現れる敵。それに対して仲間の数はへる一方。

絶体絶命な状況が何度あったか。と非常に緊迫感ある場面の連鎖でアがらないわけないでしょうよと(笑)

やりすぎてはないギリギリのラインだから、爽快感とリアリティがイイバランスで保たれている。素晴らしい。

少しでもスタイリッシュなシーンでも織り交ぜようものなら、チープ感が出ていたでしょうね。

そして今作観た人は分かってくれると思うんですが、「音」へのこだわりが尋常じゃない。

銃弾の風切り音や、室内での銃撃戦時の発砲音の反響など細部に渡って非常に細かく再現されている。

この音へのこだわりが緊迫感、リアル感の底上げに非常に効果的でした。

DVDはヘッドホンして観たら最高でしょうね。てか劇場で観たかった~~~~。

ということで見事なサウンドデザインに脱帽。

点数をつけるなら10点中8点。

 

キャラの評価

ということでラストはキャラについて。

マーク・ウォールバーグ、アリス・カー、リー・ノール、サム・スノー、

これだけの面々が揃っていて安心しないわけがない。

非常に高い演技力で満足でしたよ。

特にいいキャラだったのはやはり、ウォールバーグ演じるシルバ。

リアルにあんなやついたら最低なんだろうけど、スクリーンを通して観るなら間違いなく最高の人物。

そのマシンガントークからは、事の重大さがひしひしと伝わってきましたし、なんといっても彼のおかげで臨場感が何倍にも増していましたよほんとに。

声だけで聴いてもアドレナリンが体中を巡るのに、それに加えてあの顔ね。

表情一つで深刻さを理解させるのは並大抵のことじゃないでしょう。

それをきっちりやってのけた。

「今、世界、いや宇宙規模でやべぇこと起きてんだよ。(観客の)みんな集中してくれ!」

てね。

 

ということでキャラはどう考えてもシルバがMVP。

点数をつけるなら10点中7.5点。

 

映画「マイル22」の総合評価

ということで総合得点を発表して終わりたいと思います。

 

映画「マイル22」の総合得点は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

星4点!

 

今時珍しい、超体育会系男子シルバの圧倒的な存在感とアドレナリン出ずにはいられない大迫力のガンアクションと秀逸なラストシーンが高評価。

そしてやはりこの映画の肝となったのは全体的に質の高いサウンドデザイン。劇場で観た人を羨望せずにはいられない。というくらい音へのこだわりを感じれました。

 

 

おわりに

これから観るという人は、是非ヘッドホンをして、耳を凝らしながら観ていただければと思います。

ということでこれにて映画「マイル22」の評価を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ガタヤン
ガタヤン
今まで観てきた映画は累計1000タイトル以上。専業主夫をしながらオススメの映画を紹介していきます。1番好きな映画は『ジョー・ブラックをよろしく』。趣味はテニスとサッカー観戦とサウナです。質問などあれば【お問い合わせ】をご利用ください。