観た映画を5段階で評価し、感想をお話してます。
SF

【ネタバレあり】映画『ダイバージェントNEO』はK点越えならず

『ダイバージェント』が期待以上の面白さを見せつけてきたので、続編『ダイバージェントNEO』を観ました。

前作はお世辞ぬきにして本当に面白かった!

『期待』と言う名のガスを詰めた気球は果たして無事に宇宙(私の合格ライン)に辿り着く事が出来るのでしょうか?

はい、自分でも何言ってるか良くわかりませんが、早速レビューしていきたいと思いまーす!

 

評価から

星3つです。

前作より0.5低いですね。

理由としましては、まず前作に比べてストーリーの薄さが目立ちました。

そしてラストの盛り上がりも薄かったのでこのような評価になりました。

しかしその反面、主人公であるトリスの心理描写は細かく描かれていて感情移入する事が出来きましたし、敵のボスであるジェニーンの憎たらしさは前作より大幅に増していました(笑)

 

感想

前作が面白かったので期待しすぎた自分がいた

「面白くないから観る価値なし!」とは言いません。しかしちょっと物足りなさを感じたのは事実。

きっと前作が面白いだけに期待しすぎたのでしょう。

でもそうなりますよね?なりませんか?

シリーズものあるあるですよ。なんてったって話が繋がっていますから。

切っても切れないワケです。「前作を観ないで今作を観たらどうだったんだろう?」という事がふと頭をよぎりましたが、考えても意味ない事ですね。

ボリュームの浅さが気になった

アクションシーンやストーリーの内容の薄さが気になりましたね。

退屈とまではいきませんが、見応えあるシーンが少なかった気がします。

前作を観終わったあとは興奮がなかなか収まらなく「続編今すぐにでも観てぇ!」

「勇敢と平和と無欲VS博学と高潔とかあったりするんじゃね?」

なんて意気揚々としてましたが今作を観終わったあとの感想は「ふーーーーーん、へぇ~~~~~~」といった感じです。

もう少しボリュームが欲しかった。二郎らーめんみたいに「マシマシで~~~!」って感じに。

 

予想は外れました

前作を観終えて次の展開を予想していました。

「勇敢・無欲・平和VS博学・高潔になるのでは?」とか「ダイバージェントが10人くらい集まって博学や高潔あたりと戦争になったりするのでは?」とかです。

全て外れました。

「無派閥たち・・・君たちの存在を忘れていたよ。」

そして「博学に加担する属性は出てこないんかーい!」ということ。

別に予想屋じゃないからこれっぽっち(←どれ?)も気にならないからいいんだけど、当たったらみんなにめちゃくちゃ自慢するだけだし~」

って感じなのですが、もう少し『全面戦争感』が欲しかった。

分かってます。分かってます私のワガママって事は。

でも男には譲れない時があるんだよ(言いたいだけ)

解説的なことをいうと、物語中盤で無派閥と組む事が決まった時は「お、これ面白くなっちゃうんじゃね?」なんてテンション上がりました。

でもそしていざクライマックスを迎えてみたら、無派閥の活躍が微々たるものすぎた。

「ほぼ何もしてないじゃん。」と

だから上げて下げられた感が否めなかった。

「ねぇねぇ俺と付き合ったらマジ面白いよ?」「俺、車も金もいっぱい持ってっし、ギャグ線も高いから付き合っちゃってもいいんじゃないんじゃナイティナイン?」

なんて自信満々な奴に口説かれて

「車もお金もいっぱい???そのうえギャグ線も高いの???」なんて目輝かせながら付き合ってみた。

しかしふたを開けてみれば車はミニカコレクションしてただけだし、お金は500円玉貯金が貯金箱ぎっしり詰まってただけ・・・

「ていうオチでした~~~」みたいな感じでした本当。

 

まとめ

『前作よりパワーアップ』とはいかなかったですね。この記事のタイトルにもありますがK点(期待値のK)越えることは出来ませんでした。

そしてこの記事を書き終わった今チラっとネットで他の人のレビューを観てみたらなんと次回作である『ダイバージェントFINAL』が2016年に公開されている事を知りました。(今2019になりましたあけおめ!じゃなくておせーよ)

ということで期待を込めて鑑賞したいと思います。

上げてからの下げてからの上げ~~~~~!!になることを願っています。

ということでこれにてレビューを終わります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

ABOUT ME
ガタヤン
ガタヤン
今まで観てきた映画は累計1000タイトル以上。専業主夫をしながらオススメの映画を紹介していきます。1番好きな映画は『ジョー・ブラックをよろしく』。趣味はテニスとサッカー観戦とサウナです。質問などあれば【お問い合わせ】をご利用ください。